SketchUPは誰もが入手できる無償のソフトウェアです。感覚的な操作で3Dモデルを作成でき、テクスチャーの設定もできます。


Amazonへ
Jw_cadをちょっとだけ使いたい方へ
これからJw_cadをはじめる方へ
Jw_cadを使い始めた方へ
Jw_cadをもっと使いこなしたい方へ
3Dモデルに挑戦してみたい方へ
3Dモデルを容易に作成できるSketchUPのやさしい入門書
やさしく学ぶSketchUp 
   
SketchUp2017 Make/Pro 対応 for Windows&Macintosh

¥2,800+税   ObraClub著   

「やさしく学ぶSketchUp >>SketchUp2015対応」の改定版。SketchUpのダウンロード・インストール〜モデル作成のための基本操作、CAD図面をベースに2階建ての住宅モデルの作成、近隣建物による影の影響のシミュレーション等を実体験しながら習得できる1冊です。


0 SketchUpを使う準備

本書の表記と凡例
SketchUPの概要と動作環境
SketchUPのダウンロード・インストールと起動
SketchUPの画面と各部名称
教材データのダウンロード・展開について

右の画像をクリックすると作成モデルをアニメーションで確認できます。
SketchUpではこのようなアニメーションを作ることもできます。

1 SketchUpの基本操作に慣れよう

Lesson1 SketchUPを使ってみよう

おさらい-ズーム操作

Lesson2  立体モデルを作ってみよう

おさらい−エッジと面、推定機能のヒント表示、操作の取り消しとやり直し
自主学習 Lesson2の復習を兼ねてモデルを作成しよう

Lesson3 指定寸法の立体モデルを作成しよう

Hint: テキスト・寸法の設定と編集
おさらい−数値の入力、「選択」ツールでの選択方法のバリエーション
自主学習 Lesson3の復習を兼ねてモデルを作成しよう

Lesson4 コーヒーテーブルを作成しよう

おさらい−グループについて

Lesson5 室内モデルを作成しよう

おさらい−コンポーネントとグループについて
自主学習 視点の変更に利用する「ピボット」「ウォーク」ツールを練習しよう
Hint: Windoows「デフォルトのトレイ」上での操作
Hint: Mac ダイアログをスタックして利用する方法

2 住宅のモデルを作成しよう

2章で作成する住宅モデルとモデル作成の流れ
Step1 1階モデルの作成

Hint: 評価期間の過ぎたSketchUpMakeで1階平面プランをインポート

Step2 2階モデルと屋根の作成
Step3 リビング⇔道路の眺めの検討と近隣建物による影の確認

Hint: 緯度・経度の調べ方
Hint: 評価期間の過ぎたSketchUp Makeで真北設定

Step4 建具のインポートとペイント

Hint: Macで画像をマテリアルに追加

3 ステップアップのためのテクニック

*Pro版の記載があるものは、SketchUp Pro版(有償)に限定された機能です。
StepUp1

StepUp2

StepUp3

StepUp4

StepUp5

3Dモデルをダウンロードする−コンポーネント

モデルの大きさを変更する−尺度

モデルの断面を表示する−断面平面
Hint: 断面図をDXFファイルに保存-Pro版-

水彩画風に表示する−スタイル変更

印刷する−印刷
Hint: 尺度を指定(1:100)して印刷

StepUp6

StepUp7

StepUp8



StepUp9

JPEG画像として保存する−エクスポート

アニメーションを作る−アニメーション
Hint: アニメーションをビデオファイルとして保存

レイアウト印刷する -Pro版-
Hint: 2Dイメージビューの変更
Hint: A4用紙に縮小印刷 Macの場合

開閉できる[動的コンポーネント]の作成 -Pro版-

4 Appendix 

Appendix1 本書の解説どおりにならない場合のQ&A