やさしく学ぶSketchUP

「やさしく学ぶSketchUp」の
よくある質問とその回答


「やさしく学ぶSketchUP」
2022対応

---以下旧書---

旧書を利用して現バージョンのSketchUPを学習することは困難なため以下書籍のQ&Aページは閉鎖しました

「やさしく学ぶSketchUp2017」

「やさしく学ぶSketchUp」

「やさしく学ぶGoogleSketchUp」

  

はじめて学ぶJw_cad
やさしく学ぶJw_cad
Jw_cad製図入門
Jw_cad電気設備設計入門
Jw_cad空調給排水設備図入門
いますぐできる!フリーソフトJw_cad
Jw_cad…スッキリ解決する本
はじめて分かるJw_cad
Jw_cadで神速に図面をかくための100のテクニック
Jw_cad…88の方法
Jw_cadのトリセツ
Jw_cadのコツ
Jw_cadマスター
やさしく学ぶSketchUp
20日で身につくAutoCAD入門講座
最新版のSketchUp2023でも支障なく本書をご利用いただけます。
その場合の相違点Q01〜Q11を追加しました。Q12以降(Q番号黒文字)は2022,2023共通のQ&Aです。

※2023年12月13日より、SketchUp評価版の試用期間が7日間に変更されました >詳細

Q01 P.17,112 「開く」ダイアログや「インポート」ダイアログで大アイコン表示にしても、SKPファイルなどが本のようにサムネイル表示されない
-2023Windows版-
SketchUP2023Windows版では、2023年3月現在、右図(Windows11の画面)のように表示され、本のようにサムネイル表示されません。
使用にあたり、問題はありませんので、ファイル名で判断して選択するようにしてください。
Q02 P.41「22自由曲線を作成する」の3でエッジにポインタを合わせてもヒントの「エッジ上」が表示されない。
SketchUP2023(Windows版)では、ヒントとして、右図のように×と「交差」が表示されるようになりました。
これらが表示されたらボタンをはなしてください。
また、マウスポインターに「面上」を示すが表示された状態でドラッグしていれば、面上を分割するフリーハンドの線が作成できています。「交差」が表示されなくとも、辺上あたりでマウスボタンをはなして作成を完了し、次に進めます。
Q03 P.66,83,95,97,102…など、メニューバー[編集]-「すべて選択解除」がない
-2023Windows版-
SketchUp2023では、メニューバー[編集]の「すべて選択解除」の名称が「選択なし」に変更されました。

メニューバー[編集]-「すべて選択解除」

メニューバー[編集]-「選択なし」

に読み替えてください。

Q04 P.69,119 「寸法」ツールを選択したが、マウスポインタの形状が前に使用していたツールの形状のまま変わらない
-2023Mac版-
どのような条件下でこの現象が生じるのか判明していませんが、この症状は確認しています。
マウスポインタの形状が異なる以外は、「寸法」ツールとして正常に機能しますので、そのマウスポインタの形状のまま寸法の作成操作を行うか、あるいは気になるようでしたら「選択」ツールを一旦選択した後、「寸法」ツールを選択(マウスポインタの形状が矢印になる)して、お使いください。
Q05 P.72,74 「テキスト」ツールがない
[半角/全角]キーを押しても、日本語が入力できない
SketchUp2023は、初期値ではツールバーに「テキスト」ツールが配置されていません。
メニューバー[ツール]-「テキスト」をクリックして選択してください。

「テキスト」ツールで日本語が入力できない件は、Windows版 SketchUpPro2023のバージョン23.1.230での不具合です。>blog「テキスト」ツールで日本語を入力できないを参照してください。

Q06 P.135,138, 「タグ」ダイアログにンポートしたDXFファイルのレイヤ名が表示されない
-2023Mac版-
SketchUp2023のMac版で、2023年3月現在、この症状を確認しています。
DXFファイルは、そのレイヤ名もタグとして問題なくインポートされており、単なる表示上の問題です。何かの拍子に表示されるようになりますが、待ってられないと思うので、以下の操作を行ってみてください。タグ名が正しく表示されます。

画面右上の+(新しいタブを追加)をクリック
タブが追加され、新規作成のための画面が表示されるので、そのタブの×(閉じる)をクリックして閉じる。

これにより、「タグ」ダイアログにインポートしたDXFのタグが本と同じように表示されます。



Q07 P.142 本とは異なり、ポインタを合わせた柱底面だけがハイライトされる
柱の底面だけをハイライトできた場合には、p.143の操作は不要です。
そのまま、2300mm上に引き出して、「1F」タグを現在のタグにしたうえで、p.144へ進んでください。


Q08 P.199 3の「コンポーネント」ダイアログが本とは異なり「Sophie」が表示されない
P.115「28」の34の操作で、「コンポーネントサンプラー」を改めて選択してください。
Q09
P.228 で、本とは異なり「テクスチャイメージを使用する」にチェックが付いていない
-2023Windows版-
チェックが付いていない場合は、「テクスチャイメージを使用する」をクリックしてチェックを付けてください。
「イメージを選択」ダイアログが開きますので、10からの操作を行ってください。
Q10 P.240 2で「断面平面」ツールを選択しても、マウスポインタに断面平面マークが表示されない
-2023Mac版-
その場合には、3の面上で、1度クリックしてみてください。断面平面マークがマウスポインタに表示されます。
Q11 p.259 1の操作を行うと、本とは異なり、ポインタのアイコンが「オービット」ではなく「パン」になる
の操作をすると、「パン」になるように、LayOut2023で仕様が変更されました。
Q12 P.59の 長方形の寸法を本の通りに「1000,500」と入力すると本とは違い、横長な長方形が作成されてしまうのはなぜ?

P.59ので「ポインタを右下方向に移動し、縦長の長方形を仮表示した状態で・・・」という指示がありますが、ここで縦長ではなく横長の長方形を仮表示した状態で、の入力操作を行ったことが原因です。

P.59の「Point」で、入力する数値の順序について解説をしていますが、「長方形」ツールで、最初の角をクリック指示し、ポインタを移動した際、測定ツールバーの数値は、その時点で仮表示されている長方形の「長い辺,短い辺」の順になります。長方形の大きさを指示する数値は、現在表示されている数値「長い辺,短い辺」の順で入力します。

ですので、P.59ので仮表示の長方形が本の図版のように縦長に表示されている場合は、「縦(1000),横(500)」の順で、仮表示の長方形が横長に表示されている場合は、「横(500),縦(1000)」の順で入力します。

メニューバー[編集(Edit)]−「元に戻す(Undo)」を選択して操作を取消し、2からやりしてください。

Q13 P.112の,P134の 「ファイルの種類」ボックスがない 
−Mac版-
左下の「オプションを表示」ボタンをクリックしてください。
「種類」ボックスに相当する「形式」ボックスが表示されます。
Q14 P.169 6でインポートする「kitchen.skp」が表示されない
お使いのパソコンのグラフィックカードの性能によっては、「skitchen.skp」が仮表示されない場合があります。仮表示されなくてもインポートは可能です。そのまま、の操作を行ってください。
Q15 P.245 [Hint]で、図面が2枚の用紙に分かれてしまう
用紙の向きを「横」に指定しても2枚に分かれる場合は、SketchUPのウィンドウが横に長すぎることが原因。ウィンドウの幅を小さくすることで解消します。
Q16 P.245HINTのように1F平面図を1:100で印刷するため、p.2464の「Point」を参考に「印刷尺度」を図面上1mm、モデル内100mmと指定したところ、「印刷」ダイアログのプレビューで豆粒のように小さくしか表示されない
-Mac版-
「ドキュメント設定」ダイアログで本の通り(右図)に設定した後、「印刷」ダイアログのプレビューで、右図のようにA4用紙中央に米粒のように表示されることがある現象をこちらでも確認しています。
この場合は、再度、「ドキュメント設定」ダイアログの指定からやり直してみてください。それにより正常な大きさでプレビューされるようになることも確認しています。

Q17 p.247の手順でPDFファイルとして保存したところ、JPEG画像で保存した場合と異なり、下図のように外壁などのマテリアルが保存されない。
SketchUpの仕様です。PDF形式にした場合、マテリアル無しの状態になります。
マテリアルも表示した状態でPDFファイルにする場合は、PDF作成ソフトを利用してください。